2010年11月29日月曜日

たまのドライブ。頭の整理。


クルマの運転は、好き。

なぜだかわからないのですが、鎮静効果を感じます。
目的なく走っていると穏やかな気持ちになることが多い。


運転の中で新しいアイディアや、ひとつ所をぐるぐるとめぐっていた思考の出口が見えたり。ドライブそのものではない、なにか拾えるものが多い気がするのです。

ぼーっとして運転している訳では、決してありません。
ただ、その機械の一部に心地よく組み込まれて、次々とインプットされる情報、流れる景色と前方のサイン、シグナル、他のクルマ、振動、音、、そういうものをさばいていく行為の中に、ある種「インプットされた情報を整理し、それをさばき、流してゆく」感が生まれて、同時に自分の思考も同じ恩恵を受けているのではないだろうか、などと考えます。



ドライブに出て、心の水面を平らにして、問題を解決する。

古いかもしれませんが、昔からこれをやっている人は多いのではないでしょうか。






著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon




2010年11月28日日曜日

みんなでUstream、だ!ミンスト感謝祭。(青山一丁目 CAFE246)


青山一丁目、ホンダ本社を横に見る南青山の人気カフェ、

CAFE246

ここが20101118日~1219日まで、

ロジクール
   ライフスタイルデザインカフェ
として期間限定オープンしているんです。

そこで行われたパーティーが、

ミンスト感謝祭

参加してきましたよ。

「みんなでUST」(通称:ミンスト)
http://3ust.com/

は、PC周辺機器、特にウェブカムやマウスでおなじみの「ロジクール」が提供しているUstreamの入門、啓蒙番組。

Ustream初心者にむけて、番組配信やウェブカメラ等の機材について紹介していく番組です。


うん、USTREAMUSTREAMの使い方番組をやっちゃうのは大いにありですよね。

とても価値があるパーティーだったんですよ。
ゲストも豪華でした。



DJ TAROさん、林信行さん、KNNの神田さん、ヒマナイヌのカワイさん等々、、



お料理もおいしいし、ドリンクもフリー。
昼間「そらの電車」でお会いしたみんなとも再会して盛り上がりました。



ボクの本、

iPhone x Movie スタイル

もたくさんにの人にアピールしてきました。

できれば番組に飛び込んじゃえればなあ、と思ってたんですが、かっちり台本どおりに進んでいるようですので遠慮してみました。

知り合いがたくさんいて、共通の話題があって、新しく知り合える人がいて。


楽しいよなあ。


楽しいことを続けていくと、楽しい人と楽しい場所にたどり着くものです。







著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon




2010年11月27日土曜日

そらの電車を走らそう!(三ノ輪橋 ~ 早稲田)


先日、そらのちゃんの番組に、2回おじゃましました。
1回は出演、一回はお届けもの、です。

株式会社ソラノートが運営する

ケツダンポトフ」 http://ketudancom.blog47.fc2.com/


青空!
その企画でタカラトミー
バンクマン」(しゃべる貯金箱)

でみんなに500円づつ入れてもらって5万円ためてなんかやりましょう、というのがありました。

題して、


「そらの電車を走らそう」

都電荒川線を貸し切って走らせちゃおう、という企画。
おおっ、楽しそう。

「iPhone x Movie スタイル」+「iPhone 3分映画祭」

を宣伝しにいった時に500円、ちゃりん、としてきました。
そして、その当日です。


レトロトレイン

すげえたのしかったんですよ。

そらは青空。
寒かったここのところと打って変わってポカポカ暖かくて。
いいじゃない、いいじゃない。

出発は三ノ輪橋。

実にこう、雰囲気ある小さなアーケードを抜けるとぽっかりと広場があってそこが都電荒川線のかたっぽうのはじっこ、三ノ輪橋駅でした。

ヘッドマーク、そらのちゃんだ!


ホームに入線してきた車両はレトロチックなエクステリアの茶色い電車。
おおっ!そらのちゃん、車掌さんのカッコだね。
うーん、普通に似合ってるなあ。
いいなあ。

さて、乗り込んで、さっそく出発です。
出発そうそう、進行、ぐだぐだで(笑)とても楽しい。なごみます。

にあう!にあいすぎる!

うっかりカメラをみると、カメラ担当はヒマナイヌのかわいさんだったりして。
アラびっくり。

お客さんの中にはUSTREAM絡みの関係者さんもけっこう混じってますね。
なるほど、なるほどお。

そして、早々に、途中駅からゲストが登場!

「 Coba・u 」ちゃん!!

Coba-Uちゃん、童謡レゲエ、素敵すぎ!


童謡レゲエの人。すごくかわいいひと。
うーん、かわいい。

そのかわいいCoba・u ちゃんが超至近距離、ほぼ膝詰めの位置で歌ってくれてます。
スゴイ楽しい。

いっしょに歌いました。
童謡レゲエ、センスあるなあ。カッコいい。

ショートライブがあって、そのあとはお遊びタイム。

ゲームをやりました。

さすが「おとなこどもラボ」といっしょにやるだけあるねえ。
楽しいよお。

なんだかんだで意外と短い乗車時間。
イベント押せ押せでそういった意味でも面白かった。
かなり盛り上がりましたよ、ゲーム大会。




ボクは例の「ポテチの手」を2本も手に入れてしまいました。
このあいだ「そらの的朝ニュース」でもらったのを入れると3本だ、、、

ポテチの手


なんだかんだで往復しました。
楽しかった。

都電の貸し切りイベント、いいねえ。なんかやりたいね。

でも食べ物だめなのよね。そりゃそうです、電車なんだから。



そらのちゃん、制服、カッコよかったよ!


















著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon



2010年11月25日木曜日

AppBankのアプバンキャスに出演&カレー(鎌倉 マッチポイント)


アプバンキャスに出演です。
すげ~なあ。
なんでも言ってみるもんです(笑)

アプバンキャス
http://twitcasting.tv/appbank/show/

iPhone、iPadを使っている人なら知らない人はいないであろう、あのりんごマークのAppBankというサイト。
iOSアプリのレビューをひたすら記事にする不屈の精神と、なぜかポケベガオフ会や全国ツアーをやってしまう腰の軽さが同居する、おもしろ集団。

そんなAppBankの代表、エントリーポストマンこと村井氏とおしゃべりする機会がありました。

アップルストア銀座で行なわれたiPhoneのiMovieのコンテスト。

審査員はジェット☆ダイスケ氏とアプリ「CAMERAtan」の制作者の久米さん。

ジェット☆ダイスケ  http://gajetdaisuke.com/
CAMERAtan   http://morokoshiman.sakura.ne.jp/blog/

そしてなぜだか同じく登壇したボク(笑)
うむう、なんでだろう。

それはともかく、そのコンテストにエントリーしていたAppBankチーム。

その上2位を獲得です。やるなあ。

アップルストアさん提供の超貴重なポスターを手に入れていました。うらやましい、、、

イベント後に少しおしゃべりして、本が出たら宣伝しにいきます!と宣言してました。

それをあとでメールしたら「どうぞどうぞ!」と優しいお言葉のエンポスさん。

じゃあ、いきます!


ジェット☆ダイスケさんも誘って鎌倉へ。

AppBankオフィス、カッチョよかったです。
いい場所だしなあ。うーん、うらやましい。



放送中はなんだか終止カレーの話になってしまって、なんだかわからない。

いつもは「アプバンキャス」、30分の放送時間なんだけど、カレー話が盛り上がって、そっちの方で延長をして、、、って本末転倒(笑)

とにかく盛り上がって、面白くって、だったというわけです。

そちらで盛り上がっちゃったんで、じゃあカレーでも、とやって来たのがこちら。

マッチポイント

AppBankチームの行きつけみたいで、夜の早い鎌倉において、救世主的立場のダイニングバーだそうです。

その上カレーの種類が多い、うまい。
いいじゃない、いいじゃないそれ!

うん、たしかに。
カレー、うまいですよ。
オリジナリティがあるおいしいカレーです。

トマトポークカレー



これがね、うまい、うまいよ。
ちゃんとまじめに手をかけて作ってる。評判になるのがわかりますね。
満足です。

あとね、エンポスさん御用達、の「ガーリックポテト」もバカウマです。
いいね、あれ。

なんだか店内大盛況で、平日夜なのに盛り上がっているこのお店、地元に愛されてるんだねえ、の感ありです。



いや、本当に楽しかった。
ごちそうになっちゃいましたよ。ああ、クルマじゃなけりゃビール、、、
いえいえ。そんな贅沢いっちゃいけません。

さて帰り道、ゆるゆると帰りましょう。

(ゆるゆるすぎて、朝帰り着きました!(笑))











著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon



2010年11月22日月曜日

「そらの的朝ニュース」にひとりでおじゃま(出演なし)


渋谷のカフェ、オンザコーナー。
いいですよね、あそこ。

2度ほどいきました。
天井が低くて、コーヒーおいしくて。のんびりできて。
お気に入りになりました。
今度はカレーを食べなくちゃなんです。



そんなカフェから月~木でUstreamの生放送を配信している「そらの」ちゃん。
このあいだは「iPhone 3分映画祭」の告知でジェット☆ダイスケさんとおじゃましました。



今回はひとりでプレゼントを届けにお邪魔。
プレゼントはもちろん書籍「iPhone x Movie スタイル」です!(笑)

視聴者プレゼントにも2冊差し上げて、ばっちり取り上げていただきました。



このあいだ、うっかり往路だけだった「そらの電車」のきっぷもバンクマンに500円入れて、復路の分も入手。
当日が楽しみです!



そうそう、そらのちゃんからなぜか

ポテチの手

をもらいました。

なるほど、これならタッチパネルが汚れないぞ!
ナイス、タカラトミー!!

どうもありがとうございました。







著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon



2010年11月21日日曜日

渋谷、文教堂。本、あった。


打ち合わせや用事の途中にちょっと暇を見つけては本屋に行きます。

もともと本屋さんは好きなので。

いまはほら、これ。



ボクの本「iPhone x Movie スタイル」があるかどうか、売れてるかどうかを、見に行きます。
やっぱりさ、気になるじゃない。

売れてる、とかよりも、こういうジャンルがあって、それを知ってもらって、気にしてもらえるといいよなあ、という気分で覗きにいきます。






著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon



2010年11月20日土曜日

「そらの的朝ニュース」にジェット☆ダイスケさんとおじゃま。

渋谷のカフェ、オンザコーナー

いいですよね、あそこ。



天井が低くて、コーヒーおいしくて。のんびりできて。
お気に入りになりました。

今度はカレーを食べなくちゃなんです。



そんなカフェから月~木の午前中にUstreamの生放送をひとりで定期配信している「そらの」ちゃん。

きょうは「iPhone 3分映画祭」の告知でジェット☆ダイスケさんとおじゃましました。

そらのちゃんにはびっくりしましたよ。
いつも午前中にみるのにちょうどいいスケール感の「そらの的朝ニュース」
好きなんですよ。



あれ、やっぱり、わかっちゃいるけど、なにげなーく、ひとりで、やってるんですよねえ。
やっぱりひとりでやってるんだ。そうだよなあ、そうだよねえ。
うーん、腕あるねえ。

機材、操作等のハードウェア的スキルもさることながら、お店で、他のお客さんもコーヒー飲んでたりする場所で、さらりと生中継。
さすがだわ。



ほんにゃりした雰囲気の彼女の、強さを見た気がしました。

たくさん告知させてもらいましたよ。

おまけに書籍「iPhone x Movie スタイル」の方も!




ありがとうね、そらのちゃん!!






著書が発売されました。

コノマド<co-nomad シリーズ
iPhone × Movieスタイル」
 ~好奇心をアートに変える動画の撮り方&クリエイティブガイド

ISBN 978-4-7741-4453-5
本体価格 1,680円 発売日 116日 出版社 技術評論社

Amazon